ホーム > ホームページ担当初心者講座 > ブラウザのキャッシュ削除方法

ブラウザのキャッシュ削除方法
~ホームページが更新されていない!?~

概要

ブラウザのキャッシュとはパソコンが一時的に保持しているホームページのデータのことです。


更新の確認をしようとしたら...

HP業者 「ホームページの更新が完了しました。確認の程よろしくお願いします。」
お客様 「え?変わってないんですが。」
HP業者 「あー、キャッシュですね。」
お客様 「キャッシュ?」


なぜ更新されていない?

パソコンはインターネット上でホームページを表示させた際にそのデータを一時的に保存(キャッシュ)しておきます。そして再度同じページへアクセスしたときにサーバーのデータを取りにいかずに、自分のパソコン上にあるデータを取りに行くことがあります。これが更新されない原因です。


なぜキャッシュデータを取りに行くの?

サーバーのデータを取りに行くより早いからです。

初めてサイトにアクセスするときは画像の表示等が遅いけど、次からはすぐ表示されるといった経験はありませんか?それはキャッシュを読みに行っているため、すぐに表示できるのです。
cash1.png


キャッシュはわかったからページの更新を確認したいんだけど!

そのページを更新(リロード)してください。

更新方法はキーボードの「F5キー」を押す方法、URLバーの右側にある 更新ボタン をクリックする方法があります。


テキストデータはだいたいこれで更新されますが、一部の画像データなど変化しない場合があります。その場合はCtrlキーを押しながらF5キーを押してください。(専門用語でスーパーリロードと呼びます。)


PDFやフラッシュのデータなどはCtrl+F5でも更新されない場合があります。その場合は以下の操作でキャッシュを削除してください。(ブラウザごとに操作が異なります。)

InternetExplorerのキャッシュ削除方法

(InternerExplorerのバージョンによって多少画面や操作方法が異なる場合があります。)

  1. ブラウザ右上にある「歯車アイコン」から「インターネットオプション」をクリックします。
    cash1.jpg

  2. 「インターネットオプション」ウィンドウが表示されたら一番左の「全般」タブの下の方「閲覧の履歴」の「削除」ボタンを押します。この時点ではまだ削除されません。
    cash2.jpg

  3. 上から2番目の「インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル」だけにチェックをつけて一番下の「削除」をクリックします。
    cash3.jpg

  4. マウスの読み込み中アイコンが消えたら削除完了です。「インターネットオプション」ウィンドウは「OK」ボタンを押して閉じましょう。

  5. 再度該当のページを更新し、変化を確認してください。


firefoxのキャッシュ削除方法

  1. ブラウザ右上の「メニュー」から「オプション」をクリックします。
    cash4.jpg

  2. 「詳細」の「ネットワーク」タブの「今すぐ消去」をクリックするとキャッシュが削除されます。
    cash.png


Chomeのキャッシュ削除方法

  1. ブラウザ右上のメニューから「設定」をクリックします。
    cash6.png

  2. 画面下の「詳細設定を表示」をクリックし、そこに表示された「閲覧履歴データの消去」をクリックします。この時点ではまだ消去されません。
    cash3.png
    cash4.png

  3. 別窓が表示されたら、「キャッシュされた画像とファイル」だけにチェックをつけて「閲覧履歴データを消去する」をクリックするとキャッシュが削除されます。
    cash5.png
    キャッシュが削除されない場合、期間を広げて再度キャッシュを削除してみてください。



それでも変わっていない場合

上記キャッシュ削除やF5、Ctrl+F5による更新を繰り返しても変化がない場合、原因として考えられることは、

・データを保存していない

・データがアップロードされていない

・データを間違った場所にアップロードしている

・URLを間違えている

といった可能性があります。確認してみてください。


また、CSSなどの外部ファイルの変更が反映されない場合は直接その外部ファイルのURLを開き、更新し、それからホームページを更新することで変更を確認できる場合があります。


キャッシュはいつ消えるの?

先述したキャッシュの削除はあくまであなたのパソコンのキャッシュを削除したに過ぎず、他のパソコンのキャッシュを消すことはできません。


キャッシュが消えるタイミングはブラウザの設定やインターネットの利用頻度によって異なるため、いつ消えるということは一概に言えません。一定期間で消える場合もあれば、一定の容量を超えたら古いデータから消えていくなどさまざまです。


いずれにしても最近見たサイトがキャッシュとして残るため、初めての訪問者や久しぶりの訪問者にはきちんと更新されたデータが表示されます


キャッシュは必要?

メリットはサイトを早く表示できることです。

デメリットは更新をいち早くお知らせできないことです。


2秒以内にページが表示されないと訪問者は直帰してしまうと言われています。

ただし、現在は昔に比べ、光回線やLTEなど回線速度が非常に速くなっているため、キャッシュがなくても比較的すぐに表示される場合が多いです。


サイトの特徴によってキャッシュがあった方がいいのか、ない方がいいのか判断しましょう。


キャッシュが必要なサイト

大きい画像を表示させているサイト。PDFが多いサイト。更新が少ないサイト。


キャッシュが不要なサイト

更新頻度が多いサイト。情報をすぐにでも届けたいサイト。


更新がすぐ反映されるようにしたい。

先に言ったようにキャッシュはそのうち消えます。しかし、ホームページによってはすぐに更新データを表示させたい場合もあるかと思います。キャッシュそのものを消すことはできませんが、キャッシュさせないように設定することはできます。

システムの購入・開発 お問い合わせはこちら

上部へ